サマナーズウォー 餌モンスターの活路

引用・紹介・批判等、なんでも大歓迎。

重みづけの難しさ

はじめに

前回はサブオプを総合的に見ることの大切さについて話した。

理解してもらえればもちろん嬉しいが、不足している点も考えながら読んでもらえるのはもっと嬉しい。

前回の記事には明らかに欠けている点があったのにお気づきだろうか。

 

前回の記事の問題点

とりあえず良いルーンを集める方法であって、アリーナやギルバトの防衛に特化している人のような「付けるモンスターや目標とするステータスが明確かつ高水準」な場合には不十分である。

それはなぜか。サブオプ毎に重要度が異なるからだ。

それを深く理解してもらうためには、まず重みづけという概念を理解して頂きたい。

 

重みづけについて

まずは例を挙げる。

あなたは引っ越そうとしている。

あなたは便利なところに住みたいと思っていて、お金は多少高くても良いと思っている。

駅の近さ 5

近くのお店の数 4

家賃の安さ 2

こんな感じで各評価項目に得点を付けることで重要度を数値化(定量化)することを重みづけという。

僕は大学の講義で少し学んだことがある程度だが、商品開発の現場で使われるらしい。

 

サマナーでの応用 

対人戦はどのサブオプがどれだけ必要かわからないので、巨人の高速周回に使うルシェンで考える。

クリ率85が必須だから  クリ率  5

高速周回では火力が大事だから クリダメ  4

バークより速ければ良いから  速度  3

クリティカル出なくても道中の敵をワンパンするために 攻撃 3

 

後は厳選する際のルーンと照らし合わせながら行う。

方向性としては良いとして、もっと掘り下げていくには時間が足りなすぎるので今回はとりあえずここまで。

 

 

おわりに

感覚でしか目標設定をしたことがないので、勉強しながら書いていく。