サマナーズウォー 餌モンスターの活路

引用・紹介・批判等、なんでも大歓迎。

闘志10組使って巨人平均40秒切り 事故率0.5%達成

はじめに

闘志を使って巨人を攻略しようと思い始めてから1年半が経過した。

ようやく巨人攻略に闘志を効率的に使うことが出来た。

大げさに表現すれば、積年の夢が叶った瞬間である。

 

パーティー紹介

モンスターの選択理由や目標にしたステータスは

http://kiyoshii123.hatenablog.com/entry/2017/08/13/235208

こちらを参考にして欲しい。

 

パーティー紹介とルーン(ステータス)解説f:id:kiyoshii123:20170911141422p:plain

<ルーン解説>

6番的中の闘志が微妙すぎて残念ながらオール闘志では組めなかった。

クリ率100でクリダメが105あるので少しは中ボス・ボスへの削りが期待できる。

 

f:id:kiyoshii123:20170911141818p:plain

<ルーン解説>

最初はもう少し攻撃力とクリダメが低かったのだが、1面をガレオンの全体防御デバフからスキル2でワンパンできないことがあったためそこから少し厳選した。

 

f:id:kiyoshii123:20170911141744p:plain

<ルーン解説>

さっきのルシェンに比べルーンの質がかなり落ちるので、刃混ぜてもステータスは同じくらい。

 

f:id:kiyoshii123:20170911142412p:plain

<ルーン解説>

火力高め。

的中を伸ばして中ボスへのデバフを安定させるか、クリ率を上げてダメージを安定させるか両方試した。

結果は圧倒的にクリ率の方が重要だったので的中は最低限になっている。

 

f:id:kiyoshii123:20170911142753p:plain

<ルーン解説>

別に闘志を混ぜる意味はそこまでないのだが、クリダメが伸びたルーンがたくさんあり結果的に一番火力が出た。

実は、速度はこれでは不十分。

中ボスの両脇のゴーレムに先に行動されるのでタイムロスになる。

正直痛いが、火力を上げてボス戦を短縮するメリットが上回ったためこのステータスになった。

 

周回の様子 

www.youtube.com

 

集計結果

巨人200周

平均

道中:29.17秒

ボス:10.48秒

クリア:39.66秒

 

範囲

道中:20〜46秒

ボス:5〜18秒

クリア:28〜60秒

 

事故率 0.5%

 

考察

なんとか40秒切り達成。

ただ500周、1000周と回数を増やしても40秒切れるかは微妙。

闘志か刃の速度ジェムがあればリンの速度を上げられ、自信をもって40秒切りのパーティーと言えるだろう。

 

事故率に関しても、1000周したら事故率1%になるかもしれない。

それでも2%以内は、ほぼ確実に達成していると言える。

 

理論上の最速タイムは25秒か26秒だが、28秒しか出なかった。

一つの面にかかっている時間は

道中 5~11.5

ボス 5~18

となりあまり変わらない時間でクリアできている。

つまり、このパーティーはボス戦に特化しておりそれにはリンやバークが貢献していることが分かる。

 

今後の展望

同じパーティーを極めることに楽しさを見出している人は、ガレオンや2体目のルシェンをオール闘志にするだとかリンの速度を上げるためにさらに厳選をするのかもしれない。

しかし僕は、最適なパーティーを模索することに興味はない。

 

いろんなモンスターの価値を見出していくことの方が楽しいと思うので、今度はパーティーを変えて道中特化型にしてみたいと思う。

 

りきみつさんの至言

手持ちのルーンでは、リンの”+30付近の速度”と”高火力”が両立出来なかった。

こういう時に良いルーンが出ないと嘆くこともできるし、悪魔に魂を売って寝ている間や仕事している間に不正周回をして超強いルーンで一気にタイムを更新することもできる。

 

もっと言えば、バークを使わずにチャウ・ライカ・風猿がないと嘆くか、引くまで課金することもできる。

 

でもそれって、ものすごくもったいない。

 

せっかく難易度調整に優れモンスターにいろんな選択肢があるサマナーズウォーをやっているのに、一番楽しいところを逃してしまっていると思う。

 

りきみつさんも過去に同じような趣旨の記事を書かれている。

http://purpledragonsw.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

要約すると

手持ちのモンスターも違う、プレイ時間も違う

だからこそ「テンプレよりも自分にとっての最善を探そう」

ということだ。