サマナーズウォー 餌モンスターの活路

引用・紹介・批判等、なんでも大歓迎。

サマーベイブさんの動画紹介と解説

はじめに

まだ動画投稿し始めて1カ月強ぐらいだと思うのだが、サマーベイブさんの動画はとても面白いのでおすすめしたい。

僕は対人戦をやらないのに唯一、この方の対戦動画だけは観ている。

サマーベイブさんの動画の中でとても面白い考察なのになぜか低評価が多く、コメントも批判的なものが多い動画があったのでそれについて勝手ながら解説することにした。

念のため言っておくが、決してサマーベイブさんの説明に落ち度があったというわけではない。

 

動画紹介

まずはその動画を見て欲しい。

https://www.youtube.com/watch?v=xo3KI_J0pbM

 

動画内容

初手スキル2→スキル1だとスキル1の価値がほとんどない。

スキル1を連発したところで無駄に近いのではないだろうか。

スキル2の再使用時間を短縮することはできるが、そもそも暴走付けたらどんなキャラにも言えること。

その点リテッシュのスキル3の防御デバフ→スキル1は強力で、水イフもスキル2→スキル1が強いからこの2体は暴走キャラ。

ラキュニは特に暴走との相性が良く、パッシブによりターン獲得毎に体力状況が悪いモンスターの弱化効果2つまで解除し体力10%回復しつつ、スキル1は味方の攻撃ゲージ上昇でスキル2は味方の攻撃ゲージ満タンと速度バフと動けば動くだけ強い。

 

以上のことから他のキャラに比べて暴走の価値は低い。

だから暴走が余っている上級者は例外として、初級者中級者は暴走をもっと価値のあるモンスターに回した方が良いのではないだろうか。

 

考えられる3つの理由

なぜ批判的に受け止められていたのか、3つの原因があるのではないかと思う。

①「銀屏の暴走は弱いまたは他のルーンの方が優れていると主張しているのではないか」という誤解

②ピンチの時の強力さ

③暴走銀屏を使っている人が自分のやってきたことを批判されているような気がした

 

①について

説明を聞けばそんなことは主張していないことは分かるのだが、銀屏が暴走したときのスキル1には価値がないと言ったことの印象が強くそう誤解してしまったのかもしれない。

 

例えば他のルーンを付けた時の強さを1としたとき

暴走銀屏  2

暴走リテッシュや暴走水イフ 4

暴走ラキュニ  5

みたいな感じだから価値の高いキャラから優先的に付けていこうよって主張だと理解すればさらに分かりやすいと思う。

 

②について

相手の体力がほとんどない状態から銀屏に暴走されまくってすぐに立て直されてしまった経験はだれにでもあるだろう。

その時の印象が強いから「銀屏の暴走は強い」って感じるのは自然なんだけど、冷静に考えると局所的な強さよりも常に力を発揮できるほうが相手としてはやっかいだ。

いかに総合的に判断できるかということだと思う。

 

③について

これは本人に確認したのだが他の人を批判する意図はまったくないそうだ。

自分が考えたことを発信して、それを面白いと感じてもらったり考え直すきっかけになればと仰っていた。

 

反省点

僕のブログのファンの方であれば、僕ならまったく同じ内容でも「なんでもかんでも防衛キャラに暴走を付けようとするな」だとか「風潮に流されるんじゃなくて自分の頭で考えろ」って主張するだろうなと容易に想像できるだろう。

僕のように不満があり訴えるという形ではなく、純粋に考える楽しさを発信する姿勢は素晴らしいし器の違いを感じた。

別に公表するつもりはないが、おそらく読者が想像している以上に若いので社会や大衆に対して不満があり、自分にはそれを改善する力があると思うし意欲もある。

このブログはそういう主張が多くなってしまっているなと反省した。

 

おすすめする人の共通点

前回紹介したくりふすさんもそうなんだけど、やっぱりちゃんと自分で考えている人の動画やブログは面白い。

今後もそういう動画やブログを見つけ次第紹介していきたいと思う。