サマナーズウォー 餌モンスターの活路

引用・紹介・批判等、なんでも大歓迎。

マクロは自己責任なのか

はじめに

平成の孔明さんの動画のコメントを見ても他の人の主張を聞いても、不正周回してリスクを受けるのは自分だから自己責任だろって考えている方がいるようです。

その件について問題提起をしたいと思います。

また、今回は攻略情報が一切ないので普通に丁寧語で話します。

 

自己責任の使い方

宿題をやってこなかったというのは自分が困るだけでなので、宿題をやるかやらないかは自己責任です。

夜中までゲームをして睡眠不足になってもそれは自己責任です。

これらは自分の行為によって不利益を被るのは自分だけ、つまり自分だけが被害者なので自分で責任を取ることができます。

 

ではポイ捨ては自己責任でしょうか。

中にはポイ捨てされても構わないと考える人もいるかもしれませんが、周りに迷惑をかけているので自己責任とは言いません。

罰を受けるリスクを覚悟でやったとしても、迷惑がかかっている人がいる以上自己責任で済ませるのは間違いなのです。

 

マクロは自己責任派の主張

パッケージの不正購入と違い、明らかに大きな影響を与えるわけではない。

つまりこの方達は「自分が困るわけではない」または「自分の想定では大した影響がない」と考えているから自己責任でやってくれというわけです。

 

 

それでは先ほどのポイ捨てに当てはめると、ポイ捨てをされても「自分は迷惑ではない」または「さほど大きな問題ではない」と考えているわけです。

もちろんそう考えるのは自由ですし、なんら問題はありません。

 

論点は、迷惑だと感じる人がいるのかということになります。

 

迷惑だと感じる人

当然ですがマクロ周回をしている人がいると分からなければ迷惑だと感じることもないでしょう。

ですが今回、平成の孔明さんがやらかしてくれました。

 

自分はマクロ周回しているし運営も取り締まらないぜ。

やり方を発信したから、やりたい人もやりたくない人もいるだろうけどそこは任せるわ!

という趣旨の動画を投稿されていました。

 

ファンキーな方もいるもんだなあと思いましたが、不正周回をしている人がいると分かった以上

正当にプレイしている人の中で「こんなに一生懸命周回するのが馬鹿らしくなった」とか「そんな人と同じ土俵で戦いたくない」と感じる人が出てくることは明らかです。

 

どれくらいの人がそう感じるかはわかりませんが、そう感じる人がいる以上は自己責任という言葉は使うべきではないというのが僕の主張になります。

 

正しい表現

「運営は規約違反だと認めていてBANされるリスクがあるし、他の人に迷惑をかける行為である。

しかし、現状は運営が取り締まらないためできてしまう。」

 

僕がなぜブチ切れているか

ワールドアリーナチャンピョンシップ以降、「サマナーってやっぱり面白い」だとか「まだまだオワコンじゃない」って雰囲気が広がっていたと思います。

せっかくいい雰囲気だったのに…

 

また、不正周回を容認してしまうとだんだんプレイヤーの意識が低くなっていって不正購入も問題ないって感じる人が出てくるかもしれません。

最初はほんの小さな綻びだったのかもしれませんが、気付けば不正行為が蔓延しているなんてことになりかねません。

 

サマナーが好きだしこれからも楽しくプレイしていきたいと思うので、他のプレイヤーに悪影響を及ぼしかねない不正周回やそれを自己責任だと言うことは問題だなと思うわけです。

 

 ※コメントで自己責任論に対する考えを分かりやすく説明できる表現を教えて頂いたので紹介します。

「自己責任という言葉で語られることの多くのことは、自己の責任のもと解消できることの方が極めて少なく、他人に影響や不利益を与えていることを揉み消すためのマジックワードである」